最近の記事
header_logo.GIF

英語・イギリス進出ならお任せ下さい。

2018年05月21日

英国のEU離脱

バルニエ首席交渉官、ブレグジット交渉の手詰まり感認める(EU)
欧州委員会のミシェル・バルニエ首席交渉官は5月14日、EU機関の外交・安全保障
政策に関わる会合に出席し、「ブレグジット後のEU外交・安全保障政策の将来」
と題する講演を行った。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/a4e8959236323c83.html

● EEA残留などを求める修正案を上院が可決(英国)
上院は5月8日、英国の「EU(離脱)法案」について、英国のEU離脱後も
欧州経済領域(EEA)にとどまることを求める修正案を可決した
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/6a6ba7467226bc8d.html

● 移行期間終了までに十分性認定国となるかが焦点(英国)
英国経営者協会(IoD)は4月25日、英国のEU離脱後のデータフローの取り扱いに
関するセミナーを開催した。英国でも、他のEU加盟国と同様に5月25日からEUの
「一般データ保護規則」(GDPR)が適用開始される。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/aa0639502bc01db5.html

● 移民問題でラッド内相が辞任、後任もEU残留派(英国)
アンバー・ラッド内相が4月29日、辞任した。今回の辞任は、強硬な移民政策への
反発と、移民排除の目標を記したとされる文書の流出に対して責任を取ったものと
みられている。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/05/e1f977a0cd08bf0f.html



posted by Mark at 23:46| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国のサイバーセキュリティ体制の現状と課題    −中小企業の事業リスクの観点から−』(2018年3月)

デジタル経済先進国を自認する英国にとって、国民の「信頼」を支えるサイバー
世界の安全を守ることは死活問題だ。英国では、現在国家サイバーセキュリティ
5カ年戦略が2期目に入っており、新たに設立された国家サイバーセキュリティ・
センター(NCSC)を中心に、官民のリソースを結集し、国家全体のレベルの底上げ
を図る仕組みがうまく回り始めてきたところである。
本レポートは、特に中小企業の経営リスクとしてのサイバーセキュリティという
観点から、英国のサイバーセキュリティ政策と具体的な政策プログラムの概要、
今後の焦点などを明らかにすることを目的とする。

https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/427a23803575001d.html


posted by Mark at 19:55| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

2019年3月末に期限を迎えるBrexiに対し、情報源に懐疑的な目を向け代替案も抽出 すること、地政学的な環境にも視野を広げておくことが大事です。

http://r11.smp.ne.jp/u/No/382318/C0zrbHH7ci0D_1777/jp_20180202-2.html


●2017年のパフォーマンスと2018年の見通し
(2018年1月24日)

Brexitの株式市場へどのような影響があったか検討してみましょう。
KPMGは、FTSE Index(株価指数)を独自に利用して、Brexit国民投票後の英国株に
関する投資家の実際の需要を測定したものを示しています。

http://r11.smp.ne.jp/u/No/382318/bG4bG1H7ci0D_1777/jp_20180202-3.html

posted by Mark at 00:34| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。
posted by Mark at 18:19| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:56| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

UK Bribery Act 2010  (2010年英国贈収賄防止法)について

1.背景
2.贈収賄防止法の概要および特徴
3.営利組織による違法行為に抗弁するための“Adequate Procedures”とそのガイダンス
4.企業がとるべき対応策とKPMGのサポート
5.おわりに

http://r11.smp.ne.jp/u/No/220284/HGtuKeDeDKi1_1777/JP_20110729_6.html

posted by Mark at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

「がんばれ英日本! Reassure and Rebuild」英国貿易投資総省と ブリティッシュ・エアウェイズは新しいビジネス・キャンペーンを展開します  

英国貿易投資総省(UKTI)とブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、日英間のビジ
ネス活動をさらに活発にするために、新しいビジネス・キャンペーン「がんばれ
英日本!Reassure and Rebuild」を展開中です。
本キャンペーンは、以下を目的としたビジネス活動に対し、出張用として日英間
のビジネスクラス往復航空券を提供します。
http://ukinjapan.fco.gov.uk

※本ビジネス・キャンペーンの目的は以下の通りです。
1. 英国の企業に対して、東日本大震災後も日本が安全でビジネスに開かれた市場
であることを伝える。 
2. 貿易、投資、R&D分野での協力を通じて経済の活性化を支援する。
3. 日英の貿易・投資関係を促進するために、相手と直接会って行う従来型のコミュ
ニケーションを奨励する。

キャンペーンの一環として、20枚の航空券を一般応募で受け付けます。当選者には、
航空券に加え、キャンペーンを支援しているヒルトンワールドワイドから、ロンド
ンのヒルトンホテル2泊分(計40泊)が無料で提供されます。

[キャンペーン応募期間および条件]
 本キャンペーンの応募は、2011年6月2日から2011年6月30日午後11時59分
(日本時間)の間にオンライン応募フォームによりお手続きください。オンライン応
募フォームにあるすべての質問にお答えいただくことが条件です。
 応募資格または応募フォームに関する詳細は下記のURLからお願いします。
http://ukinjapan.fco.gov.uk
[応募資格]
・日本国内に本社拠点を置く日本企業であること
・申請者が申請締め切り時点で18歳以上、日本在住および日本企業の社員である
こと
・個人の応募不可
・駐日英国大使館・英国総領事館職員、英国政府機関職員、ならびに ブリティッ
シュ・エアウェイズ社員、関連企業社員、ヒルトンワールドワイド社員は応募
できません

航空券の有効期間は、発行日から3ヶ月間です。出張は今年の12月31日までに開始
され、2012年1月30日までに完了しなければなりません。航空券の発行期限は2011
月11月30日です。ブリティッシュ・エアウェイズのみで有効で、現金での払い戻
しはできません。

お問合せ:英国大使 貿易・対英投資部「がんばれ英日本!Reassure and Rebuild」
キャンペーン担当 E-mail: ukti.japan@fco.gov.uk
posted by Mark at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

対ロンドン投資促進機構(Think London)」のご案内 

対ロンドン投資促進機構(Think London)は、ジェトロ・ロンドンと協力関係にあ
る半官半民の非営利団体で、ロンドン地域への事業進出を積極的に支援する組織
です。サービスは包括的に、機密保持を厳守して行われ、資金も確保しているた
め、皆様には無料で支援をご利用いただけます。当機関のエキスパートが政府機
関やビジネス業界と連携し、企業がロンドンで最適な人材、立地、およびビジネ
スチャンスを得られるよう支援いたします。ロンドン地域への進出を検討中の皆
様は、是非お問い合わせ下さい。

◆詳細・リーフレットはこちら↓↓
http://www.thinklondon.com/downloads/Translations/Japanese
    Introducing_you_to_Think_London_Japanese.pd
posted by Mark at 16:40| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日英国大使館・総領事館

英国大使館
Her Britannic Majesty's Embassy in Japan
〒102-8381 千代田区一番町1
電話:03-5211-1100
特命全権大使:ディビッド・ウォレン 閣下
His Excellency Mr. David WARREN

在大阪英国総領事館
British Consulate-General
〒541-0059 大阪市中央区博労町3丁目5-1 エプソン大阪ビル19階
電話:06-6120-5600
総領事:クリストファー・チャールズ・スチュアート 氏
Mr. Christopher Charles STUART
管轄区域:中部(山梨、新潟、長野、静岡、愛知、岐阜を除く)、近畿(三重を除く)、中国、四国、九州、沖縄

在名古屋英国名誉総領事館
Honorary British Consulate-General in Nagoya
〒471-8571 愛知県豊田市トヨタ町1
電話:0565-28-2121
名誉総領事:張 富士夫 氏
Mr. CHO Fujio
管轄区域:愛知、岐阜、三重

在福岡英国名誉領事館
Honorary British Consulate in Fukuoka
〒819-0002 福岡県福岡市西区姪の浜3-39-2-1104
電話:092-883-9668
名誉領事:ウォーリック・ギブソン 氏
Mr. Warwick GIBSON
管轄区域:福岡

posted by Mark at 00:53| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。